文字を通じて社会に貢献するモリサワ文研株式会社事業紹介> IT Section

モリサワ文研株式会社

IT Section―書体制作を支えるIT技術

高品質の書体を、迅速かつ低コストで制作するには、ITによる高度なサポートが不可欠であるため、
書体の設計、製造に関わるエンジニアリングツールの開発・支援が不可欠です。
画像処理などの要素技術を独自に組み合わせて活用し、書体の設計・生産業務効率向上のための
IT高度利用環境を構築します。
また、文字には長期に渡る高い信頼性が要求されるため、リレーショナルデータベースによる「製品情報一元化」
の構築、グラフィックデータの解析、ソフトウェアへの活用といった開発を行います。

広いITスキルと業務プロセス改革の推進

幅広いITスキルと業務プロセス改革の推進

「モノづくり」による社会貢献のためには、継続的に生産性を向上させ、低コスト化を図る必要があります。
各種技術の開発だけでなく、現状の生産・業務のあり方を点検し、より合理的、効率的に。業務プロセスおよび制度の改革に取り組み、事業活動の活性化と品質向上に貢献します。
また、グローバル化に対応するために、プロジェクトマネジメント力の強化にも力を入れており、社員が利用する情報システムの開発・運用も行い、複数の業務を一体できめ細かくサポートしています。このように多種多様な経験とスキルを活かし、書体開発・制作事業にとって無くてはならない存在となっています。

モリサワ文研株式会社 ▲このページのトップへ